運動不足がワキガに影響するって本当?

人間ほど汗をかける生き物はそれほどいません。

たとえばハムスターには汗をかく汗腺が2つしかありません。

だから暑さに弱く、気温が高いと死んでしまいます。

犬にもほとんど汗腺がないので、暑いと口を開けてハアハアと舌を出して体温を調節します。

動物の中で汗をかいて体温を下げることができるのは馬くらいです。

馬は人間の倍の量の汗をかけるので、長時間走ることができます。

人間も馬ほどではありませんが、汗をかいて体温を調節することができます。

だから、マラソン選手は気温が高い日でも2、3時間走り続けることができるんですね。

必要な汗とは?成分は水

運動不足
理想的な汗は、成分のほとんどが水でできた汗です。

エクリン腺という汗腺から出る汗は99%が水分なので、サラサラしていて乾きやすく、すぐに蒸発して体温を下げることができます。

成分のほとんどが水なので、臭いもほぼありません。

ところが、現代人の多くは運動不足。

デスクワークをしている人のほとんどは、慢性的な運動不足になっているので、サラサラした理想的な汗をかけなくなっています。

汗腺は使わなければ、うまく使えなくなってきます。

筋肉を使わなければどんどん衰えていって、筋力が落ちるのと同じです。

汗腺が衰えてくると、ベトベトする汗が出てきます。

なかなか蒸発しません。しかも、汗にはアンモニアや乳酸などの臭い物質がたくさん含まれているので、皮膚に存在している雑菌のエサとなってしまい臭いを増幅させます。

だから運動不足はワキガの原因の一つなんですね。

汗腺は筋肉と同じで鍛えることができます。

実際に、定期的に運動している人の汗は、各種ミネラルがほぼ含まれていないので、薄くてサラサラしています。

ワキガだから汗をかくのがイヤだと思うかもしれませんが、適度に汗をかいて汗腺を鍛え、エクリン腺からサラサラ汗が出るようにするのが、臭いを抑えるポイントです。

上手に有酸素運動をやってみて

上手に汗をかくためには、有酸素運動を行うのが効果的ですよ。

自宅でも簡単にできる運動は、踏み台昇降運動です。

階段があればそこで簡単に上り下りできますし、階段がなければ踏み台を使うこともできますね。

上り下りするだけなので簡単にできるのがいいですよね。

2、3分も続けるとうっすらと汗をかいてくるはず。

簡単だからこそ、長く続けることができます。

フラフープも効率よく汗をかけて、ウエストシェイプもできるから一石二鳥でおすすめ。

ワキガの原因を知るとケアの方法も分かってきますね。