ワキガは当たりまえ?日本と諸外国におけるニオイ文化を比較

日本人は外国人と比べると、体臭が薄いと言われています。ワキガ体質の人の割合も、欧米人の70%~90%であるのに対し、日本人は10~15%程度だといわれています。この背景には、体質や食生活の違いが挙げられます。ワキガと大きく関係するのが、脇の下にあるアポクリン腺という汗腺です。ワキガ体質の人は、アポクリン腺が多い傾向にあります。とくに日本や中国などのモンゴロイド系の民族の人々は、アポクリン腺の数が少ない傾向にあります。一方で黒人や欧米人、インド人はアポクリン腺が多く、ワキガや体臭が強い傾向にあります。食生活の面においても、日本人は野菜や魚が中心の食文化に対し、欧米では肉を多く食べる傾向になります。肉食中心の食事は、皮下脂肪が増やし、アポクリン腺や皮脂腺を刺激してしまいます。それにより、ワキガ独特のニオイを発生させやすくするのです。一方緑黄色野菜には、皮膚の代謝を促し、菌の繁殖を防ぐ働きがあると言われています。そのため、日本人にはワキガ体質の割合が少ないことが考えられます。しかし近年では、日本でも肉や脂質の多い食事をとる人が多くなっています。日本人でワキガに悩む人の中には、このような食生活が原因となっている場合もあります。
このような背景から、日本と海外ではワキガに関する考え方も異なります。海外ではワキガは体臭の一部として捉える傾向にあります。アメリカの学校では、デオドランドの授業があり、ニオイをケアする対策が教育として行われています。一方日本人は、体臭をはじめニオイに敏感な傾向があります。「日本人は綺麗好きだ」といわれるように、家の中でも靴を脱ぎ、お風呂も毎日入る文化があります。そのため馴染みの少ないワキガのニオイは、異質なものと捉えられがちです。中には神経質なほど自分のニオイを心配する人もいるため、軽度のワキガであっても、深刻に悩む傾向にあるといえます。
実際にワキガに悩んでいる場合は、ニオイ対策を講じる、もしくはクリニックで施術を受けるという方法があります。これは欧米でも行われていることです。軽度なワキガの場合は、食生活の見直しやデオドランド剤を使用し、ニオイのもととなる汗や菌の繁殖を抑えます。また脇を清潔に保つために、女性の場合は脇毛の処理や吸水性の良い脇パットを使用するといいでしょう。男性の場合は、こまめに下着を取り換えるなど、衣類を清潔に保つことでニオイ対策をとることができます。
「自分はワキガかもしれない…」と深刻に考えていると、そのストレスがニオイを強くしてしまう場合もあります。まずは自分ができる対策を講じて、不安を解消することからはじめましょう。