ワキガは当たりまえ?日本と諸外国におけるニオイ文化を比較

日本人は外国人と比べると、体臭が薄いと言われています。ワキガ体質の人の割合も、欧米人の70%~90%であるのに対し、日本人は10~15%程度だといわれています。この背景には、体質や食生活の違いが挙げられます。ワキガと大きく関係するのが、脇の下にあるアポクリン腺という汗腺です。ワキガ体質の人は、アポクリン腺が多い傾向にあります。とくに日本や中国などのモンゴロイド系の民族の人々は、アポクリン腺の数が少ない傾向にあります。一方で黒人や欧米人、インド人はアポクリン腺が多く、ワキガや体臭が強い傾向にあります。食生活の面においても、日本人は野菜や魚が中心の食文化に対し、欧米では肉を多く食べる傾向になります。肉食中心の食事は、皮下脂肪が増やし、アポクリン腺や皮脂腺を刺激してしまいます。それにより、ワキガ独特のニオイを発生させやすくするのです。一方緑黄色野菜には、皮膚の代謝を促し、菌の繁殖を防ぐ働きがあると言われています。そのため、日本人にはワキガ体質の割合が少ないことが考えられます。しかし近年では、日本でも肉や脂質の多い食事をとる人が多くなっています。日本人でワキガに悩む人の中には、このような食生活が原因となっている場合もあります。
このような背景から、日本と海外ではワキガに関する考え方も異なります。海外ではワキガは体臭の一部として捉える傾向にあります。アメリカの学校では、デオドランドの授業があり、ニオイをケアする対策が教育として行われています。一方日本人は、体臭をはじめニオイに敏感な傾向があります。「日本人は綺麗好きだ」といわれるように、家の中でも靴を脱ぎ、お風呂も毎日入る文化があります。そのため馴染みの少ないワキガのニオイは、異質なものと捉えられがちです。中には神経質なほど自分のニオイを心配する人もいるため、軽度のワキガであっても、深刻に悩む傾向にあるといえます。
実際にワキガに悩んでいる場合は、ニオイ対策を講じる、もしくはクリニックで施術を受けるという方法があります。これは欧米でも行われていることです。軽度なワキガの場合は、食生活の見直しやデオドランド剤を使用し、ニオイのもととなる汗や菌の繁殖を抑えます。また脇を清潔に保つために、女性の場合は脇毛の処理や吸水性の良い脇パットを使用するといいでしょう。男性の場合は、こまめに下着を取り換えるなど、衣類を清潔に保つことでニオイ対策をとることができます。
「自分はワキガかもしれない…」と深刻に考えていると、そのストレスがニオイを強くしてしまう場合もあります。まずは自分ができる対策を講じて、不安を解消することからはじめましょう。

運動不足がワキガに影響するって本当?

人間ほど汗をかける生き物はそれほどいません。

たとえばハムスターには汗をかく汗腺が2つしかありません。

だから暑さに弱く、気温が高いと死んでしまいます。

犬にもほとんど汗腺がないので、暑いと口を開けてハアハアと舌を出して体温を調節します。

動物の中で汗をかいて体温を下げることができるのは馬くらいです。

馬は人間の倍の量の汗をかけるので、長時間走ることができます。

人間も馬ほどではありませんが、汗をかいて体温を調節することができます。

だから、マラソン選手は気温が高い日でも2、3時間走り続けることができるんですね。

必要な汗とは?成分は水

運動不足
理想的な汗は、成分のほとんどが水でできた汗です。

エクリン腺という汗腺から出る汗は99%が水分なので、サラサラしていて乾きやすく、すぐに蒸発して体温を下げることができます。

成分のほとんどが水なので、臭いもほぼありません。

ところが、現代人の多くは運動不足。

デスクワークをしている人のほとんどは、慢性的な運動不足になっているので、サラサラした理想的な汗をかけなくなっています。

汗腺は使わなければ、うまく使えなくなってきます。

筋肉を使わなければどんどん衰えていって、筋力が落ちるのと同じです。

汗腺が衰えてくると、ベトベトする汗が出てきます。

なかなか蒸発しません。しかも、汗にはアンモニアや乳酸などの臭い物質がたくさん含まれているので、皮膚に存在している雑菌のエサとなってしまい臭いを増幅させます。

だから運動不足はワキガの原因の一つなんですね。

汗腺は筋肉と同じで鍛えることができます。

実際に、定期的に運動している人の汗は、各種ミネラルがほぼ含まれていないので、薄くてサラサラしています。

ワキガだから汗をかくのがイヤだと思うかもしれませんが、適度に汗をかいて汗腺を鍛え、エクリン腺からサラサラ汗が出るようにするのが、臭いを抑えるポイントです。

上手に有酸素運動をやってみて

上手に汗をかくためには、有酸素運動を行うのが効果的ですよ。

自宅でも簡単にできる運動は、踏み台昇降運動です。

階段があればそこで簡単に上り下りできますし、階段がなければ踏み台を使うこともできますね。

上り下りするだけなので簡単にできるのがいいですよね。

2、3分も続けるとうっすらと汗をかいてくるはず。

簡単だからこそ、長く続けることができます。

フラフープも効率よく汗をかけて、ウエストシェイプもできるから一石二鳥でおすすめ。

ワキガの原因を知るとケアの方法も分かってきますね。

話題の制汗剤デトランスαの正しい使い方は?

お気に入りの洋服を着る時、脇汗を気にせずに1日過ごしたいですよね。

脇汗がしっかり押さえられると話題の制汗剤デトランスα。

日本の皮膚科でも処方されているデンマーク製のロールオンタイプの制汗剤です。

効果が持続して、しかも使い方が独特だと評判になっています。

実は正しい使い方をしているのは6割くらい

正しい使い方

デトランスαを使うタイミングは、夜、入浴後にしっかり脇の下を乾かしてから使うのがベストです。

入浴の際には、ボディーソープや石鹸をよく泡立てて優しく洗ってください。

ゴシゴシと強くこすると皮膚が傷ついてしまうのでNGですよ。

普通は、制汗剤を使うときってお出かけ前ですよね。

でも、デトランスαは夜寝る前に使ってくださいね。

人は寝ている間に汗腺の働きが緩やかになるので、有効成分を汗腺の奥までしっかり届けることができるからなんですよ。

使用前には容器をしっかり振ってください。

脇の下にデトランスαを薄く均一に塗ります。

塗りすぎると肌荒れのもとになるので、少量を塗るようにしてくださいね。

エタノールが入っているので、塗った感触はスーッとします。

エタノールの感触が苦手という人もいますし、ヒリヒリするという人もいます。

そんなときは、コットンに水を含ませ、そこにデトランスαも含ませたら、コットンを押し当てるようにして脇に塗るといいですよ。

水で薄まるので刺激は少なくなりますが、有効成分はそのままなので問題ありません。

デトランスαをつけたら、しっかり乾かします。

完全に乾いてからパジャマを着てくださいね。

ドライヤーの冷風を使うと早く乾きますよ。

翌朝、デトランスαを塗った部分をシャワーで洗い流すか、濡れタオル、汗拭きシートなどで拭きとってください。

「洗い流さない方が効き目がありそう」なんて思って放っておくと、かゆくなったり、ヒリヒリするので、ちゃんと忘れずに洗い流してくださいね。

洗い流しても制汗作用はそのままなので、あらためて塗りなおす必要はありません。

重要なポイントは?

ポイントは、毎日塗らないことです。

汗が抑制されるまで1週間は毎日塗り続ける必要がありますが、汗が抑えられてきたなと感じたら、2、3日おきに塗るようにしてください。

毎日使うと耐性が出てしまうし、かゆみや痛みが出るので、間をあけて使ってくださいね。

正しい使い方をマスターすれば、脇汗がだんだん気にならなくなってくるはずです。

正しい使い方をしていても痒みや痛みが出る人は、すぐに使用を中止して、医療機関に受診してくださいね。

男性におすすめ制汗剤のタイプは?デトランスαは男性にも効果アリ?

男性おすすめ制汗剤

汗臭との戦いは男性にとって永遠のテーマですよね。

ワキに汗ジミができていたり、汗臭いと第一印象が悪くなりますよね。

清潔感がある男性は女性にモテるし、仕事上でも絶対に有利。

特に、営業や接客業をしている人にとっては清潔感があるかないかって、すごく重要。

汗臭や脇汗と日々戦っている男性の救世主が制汗剤です。

男のしつこい臭いに効く制汗剤って

制汗剤には大きく分けて5つのタイプがあります。

スプレータイプの制汗剤は、汗をかいた後に使用します。

発汗を抑制するというよりも、消臭に特化した商品が多いのが特徴。

使い心地がひんやりしているので爽快感が得られます。

短時間で手軽に使えるけど、持続力は弱めです。

クリームタイプは肌にしっかり密着するので、持続力が高いです。

ただし、指でとってワキに塗りこまないといけないので、ワキ毛のある男性にとっては使いづらいタイプです。

持ち運ぶのが面倒ですし、外出先では使いづらいもの。

ただし発汗力や消臭力は非常に高いです。汗をかく前に使用します。

スティックタイプはスティックのりのようにワキに塗るタイプの制汗剤。

汗をかく前に使用します。

スプレータイプと比べると制汗力は高めです。

肌に直接つけるので持続力もあります。

ただし、ワキ毛があると塗りにくいですし、べたついて乾きにくい、白くなるなどといったデメリットもあります。

シートタイプはパウダーが配合されていることが多く、肌がサラサラになります。

汗を拭きとれるので爽快感がありますし、外出先でも手軽に使えます。

特にメンズ用は冷却効果のあるメントールが配合されているものが多く、夏に愛用しているという人が多いようですね。

やっぱりロールオンが効果が高いと思う

5番めのロールオンタイプは、しっかりワキに塗りこめるので制汗効果が高く、臭いを抑える効果も持続します。

ワキ毛が長いと塗るのが大変ですが、その場合はコットンなどに液を含ませて塗ることもできます。

デトランスαは、ロールオンタイプの制汗剤です。

持続時間は長く、なんと72時間もの間制汗作用が働くことが実証されているんです。

だから、最初のうちは毎日使う必要があるけど、効果が感じられるようになったら、2、3日に一回使うだけでOK。

ワキ汗を抑えるためにボトックス注射を考えていたけど、デトランスαに出会って注射をする必要がなくなったという男性もいるくらいです。

デトランスαはデンマーク生まれ。

ワキガが多いと言われるヨーロッパでナンバー1の制汗剤です。

公式サイトから購入できるので今すぐチェックしてくださいね!

精神的発汗の対策方法3選【制汗剤で効果ある?】

精神的発汗の防止

人と会うときや、仕事のときなど緊張やストレスを感じる場面で脇汗がとまらなくなるということはありませんか?

それって精神性発汗じゃないの?その症状を教えて

仕事をしている女性にアンケートをとったところ

「会議など人前で発言するとき」

「接客でお客様と話をするとき」

などに汗をかくという答えが多くみられました。

育児をしているママたちだって、緊張やストレスと無関係ではありませんよね。

「ママ友とランチする時」

「PTAの会合に参加するとき」

などに汗がとまらなくなるというママたちが多く見られました。

このように、緊張するシーンで脇汗をかいてしまうことを精神的発汗と言います。

精神的発汗の対策方法は3つご紹介しますね。

リラックス法

1つめはリラックスすることです。

精神的発汗は、自律神経がコントロールしている分野ですから、緊張をほぐすことが大切。

でも、会議中やPTAの会合の最中にリラックスするなんてムリって思いませんか?意外と簡単にリラックスできる方法があるんですよ。

最も簡単なのは深呼吸すること。

緊張したり、ストレスを感じると呼吸は浅くなり、交感神経が優位に働きます。

ゆっくり、深く息を吸い込むと副交感神経の働きが高まって、リラックスできるんです。

アロマオイルをハンカチに1滴しみこませておき、緊張を感じるシーンで香りを嗅ぐことも効果的です。

リラックス効果のあるラベンダー、グレープフルーツなどの柑橘系、ティーツリーオイルもいいですね。

自分が心地よいと感じる香りを選んでくださいね。

ハンカチを口もとに持って行くだけなら、人前でも簡単にできますよね。

脇パッドで安心法

2つめの方法は脇パッドを使うことです。

汗をかくと洋服の汗ジミが気になりますよね。

汗ジミが気になって、よけいに緊張して汗をかいてしまうので悪循環。

パッドをつけているから大丈夫。

と自分に言い聞かせることも大切です。

「汗をかいちゃいけない」と思うとよけいに汗が出てくるので、「脇パッドをつけているから汗をかいても大丈夫」と思うことで、ストレスを軽減することができるんですよ。

制汗剤による防止法

精神的発汗の対策方法3つめは、制汗剤を使うことです。

でも、市販の制汗剤を使ってもあまり効果がないと感じている人も多いみたい。

そこでおすすめなのが、超強力制汗剤のデトランスαです。

デトランスαはデンマーク生まれの制汗剤で、海外ではすでにベストセラーになっています。

脇の下に塗ると、薄い膜がはるような感じがして、汗腺の奥にまで浸透した有効成分が発汗を抑えてくれるんです。

効果は72時間も持続するのでおすすめですよ。