海外にワキガが多いのはなぜ?ヨーロッパで人気のデトランスαってどんな制汗剤?

海外にワキガが多いの

ヨーロッパやアフリカにはワキガの人が多いと言いますよね。

日本人の間ではワキガの人の割合はわずか10%程度ですが、欧米諸国やアフリカではワキガ率は80~100%というから驚きですね!

でも、ワキガの人が多いということは、それだけ普通のことだというわけで、ワキガに悩む人は日本人よりも案外少ないのかもしれません。

なんで海外のワキガ人口は多いのか

ワキガは漢字で書くと腋臭ですが、もともとは脇の香りと書いて脇香、という漢字を使っていたようです。

動物が臭腺から臭いを出してなわばりを示したり、メスを惹きつけたりするように、人間にも1人1人違った香りがあり、そのニオイの源となっているのが脇の下やデリケートゾーンにあるアポクリン腺という汗腺です。

ですから彼氏や夫の脇の臭いが好きだという女性ってけっこう多いんですって。

欧米の人になぜワキガが多いのかというと、遺伝的に臭いの強い汗が出るアポクリン腺が多いんです。

また、食生活も影響しています。

肉や乳製品、香辛料などを多く食べていると体臭が強くなります。

日本人は野菜や海藻、キノコ類などを食べる量が多いですよね。

抗酸化作用が高いビタミンCやポリフェノール、βカロテンの多く含まれている食品を食べているので体臭が少ないんです。

また、海外では入浴時間が短いということもワキガが多い原因です。

シャワーだけですます国も多いですし、入浴回数や入浴時間が短い国も多いようです。

ただし、フィンランドやロシアなどでは、自宅にサウナがあったり、公共のサウナをよく利用していたりしますし、日本と同じように水が豊かな国なのでお湯を浴槽にたっぷりためて入浴する文化があります。

国によって生活習慣、食習慣、体質などが違うので、臭いもさまざまなんですね。

日本人は臭いを気にし過ぎる

日本人なら気にするワキガでも、ヨーロッパやアフリカの人々はワキガに対する考え方も大らか。

でも、やはりニオイに関する意識はどんどん高まっているので、デオドラント用品で対策しているという人は少なくありません。

そんなヨーロッパで№1のデオドラント用品といえばデトランスα。

北ヨーロッパのデンマークで開発されて、海外ではベストセラーになっている制汗剤です。

最強デオドラントと言われるほど、発汗力と消臭力が強く、これまで市販の制汗剤では物足りなく感じていた人も満足できます。

今なら期間限定でお試し定期モニターコースのキャンペーン中。

普通用と敏感肌用の2種類セット999円で試せちゃう!この機会にぜひお試しください。

脇汗が多い人におすすめの制汗剤デトランスαは刺激が強い?

刺激が強い

脇汗に関する悩みで一番多いのは、脇汗が多い、脇汗が止まらないというもの。

汗はエクリン腺とアポクリン腺という二種類の汗腺から出てきます。

このうち、脇の下に多いのはアポクリン腺です。

エクリン腺から出る汗は、成分のほとんどが水分なのでサラサラしていて、臭いもほぼありません。

でも、アポクリン腺から出る汗は脂質やタンパク質をたくさん含んでいるので、お肌の常在菌が繁殖しやすく、臭いやすいんですね。

エクリン腺から出る汗がサラサラしていて乾きやすいのに対し、アポクリン腺から出る汗はベタベタしていて乾きにくいから、脇汗をかくと不快に感じるんです。

必要以上の汗は生活に支障がでる

汗をかくのは自然なことですが、脇汗が多くてタラタラ垂れるほどだったり、洋服の汗ジミが気になって黒や白の服ばかりしか着られないとなると、生活に支障が出てしまいます。

脇汗が気になるので制汗剤を使っているという人は多いですよね。

でも、どんな制汗剤を使えばいいのか分からない…。

イマイチ効果が感じられない…。

そんな人におすすめしたいのがデトランスαです。

デトランスαはデンマーク製の制汗剤です。

パーピレックス(Perspirex)という名前で皮膚科でも処方されているので使ったことあるという人もいるかもしれませんね。

デンマークといえば世界中で最も医療が充実した国だとも言われていますよね。

そんなデンマークで開発されたデトランスαには、日本では13%しか配合することができないアルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)も、デンマークの基準で作られているので20%も含まれているんです。

アルミニウムクロリッドは、汗腺にはフタをする作用があるので、発汗そのものを抑えることができます。

だから、汗が多くて困っている人におすすめできるんですね。

海外の製品だけど健康被害とかは大丈夫?

でも、日本の薬事法で認められている以上の塩化アルミニウムが入っていて大丈夫?と心配になるかもしれませんね。

確かに、口コミをみると痒いとか、かぶれたという意見もあります。

日本人の肌には刺激が強すぎるという人もいます。

でも、口コミをよく見るとカミソリでワキ毛を処理した後に使ったとか、アトピーで肌が弱いなどの理由があるようですね。

アルコールが入っているから、ヒヤっとした感じがして苦手という人もいるみたいですが、使い続けたら慣れたという口コミもありますし、刺激が強かったら水を含ませたコットンで薄めて使うという方法もあります。

それに、敏感肌用も販売されているから安心ですね。

デンマークの制汗剤デトランスαの成分は?

成分表を調べてみた

日本人は特にニオイに敏感だと言われています。

ですから、デオドラント対策の製品も数多く販売されていますよね。

ドラッグストアのデオドラントの棚を見ると、毎年たくさんの新製品が発売されていて、どれを使ったらいいか分からないくらい…。

でも、市販の制汗剤を使っているのに、それでも脇の臭いが気になるという人は少なくないみたいですね。

市販品の制汗剤で効果を得られない人はどうすれば

デオドラント対策といえば制汗剤だけど、市販品を使ってみてあまり効果を感じられないなら、デトランスαを使ってみてください!

デトランスαは、医療先進国であるデンマークで開発された制汗剤です。

市販されている日本製の制汗剤とは、成分の配合が異なります。

デトランスα普通肌用の成分表を見ると、最初に書かれているのはアルコールデナで、これはエタノールのことです。

日本製の一般的な制汗剤は水をベースにして作られています。

でも、デトランスαはアルコールをベースだから汗腺のより深い場所まで届きます。

水をベースにしている製品は、汗腺の深い部分に届く前に効果が薄れてしまいます。

でも、アルコールが入っていると刺激が気になりますよね。

肌が弱い人は、敏感肌用を使うのがおすすめですよ。

デトランスαの主成分は何を使っているのか

デトランスαの主成分はアルミニウムクロリッドで、これは塩化アルミニウムのことです。

日本製の制汗剤には13%しか使ってはいけないことになっていますが、デンマーク製のデトランスαには20%の塩化アルミニウムが含まれています。

塩化アルミニウムには、汗腺をカバーして発汗を抑える作用があります。

塩化アルミニウムは効果が高いですが、たくさん入っていると痒みが出ることもあります。

でも、アルコールデナが中和してくれるので、痒みがひどくなることはないでしょう。

さらに、外部からの刺激から肌を保護する成分や、有効成分が汗腺へ浸透するのをサポートする成分などが入っています。

成分を確認すると発汗抑制する効果が高いことがわかる

デトランスαの成分を見てみると、特徴となっているのは発汗を抑える成分がたくさん入っていることですね。

この作用はなんと72時間も持続するので、夜、入浴した後に脇の下に塗っておけば、翌日はデオドラント対策をしなくていいので楽なんです。

寝ている間に汗腺にフタをして、しっかり汗を抑えてくれるから、汗をかきやすい体質の人や、多汗症の人も安心ですね。

リピート率92%と、日本でも高評価なので、他の制汗剤で満足できなかった人もぜひ試してみてくださいね!

公式サイトから最安値で購入できますよ。

定期コースで購入すればさらにお得です。

秋冬の汗は臭い!?制汗剤デトランスαで臭い対策を!

臭い対策

脇汗をかくのは夏だけだと思っていませんか?

汗をかきやすい夏は脇の臭い対策をしているけど、気温が下がる秋冬は脇汗の臭い対策を何もしていないという人は要注意!

じつは、秋冬こそ脇汗の臭いを気にするべきなんです!

汗を出す汗腺をシャットアウト!

汗を出す汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の二種類あります。

エクリン腺から出る汗は無色でほぼ無臭。

成分のほとんどが水分なのでサラサラして、乾いた後もベタベタしません。

エクリン腺は全身にあるのですが、アポクリン腺は脇の下やデリケートゾーンに集中しています。

アポクリン腺から出る汗はタンパク質やミネラルなどを多く含んでいます。

ですから皮膚の常在菌が繁殖しやすく、臭いやすくなります。

ベタベタしていて不快です。脇の下が臭うのがアポクリン腺から出る汗のせいなんです。

秋冬の汗って夏とは違うような気がする・・・

秋冬は重ね着をしたり、暖房をつけたりして、脇の下が蒸れやすくじっとり汗をかきます。

つまり、エクリン腺から出るサラサラ汗ではなく、アポクリン腺から出るベタベタ汗なんですね。

また、秋や冬は寒くなるので汗腺の機能は衰えます。

さらに、水分を飲む量も夏と比べると少なくなりますから大量の汗をかきにくくなるのです。

ですから、汗の成分にアンモニアなどの臭い成分が多く、汗が濃くなります。

夏よりも秋冬の方が汗が臭いやすくなるんですね。

ということで、秋冬こそ脇汗対策を徹底しましょう。

汗は常在菌に分解されるときに臭いが出るので、汗をかきたらすぐに拭き取るのがベスト。

汗拭きシートや濡れタオルなどで脇の下を拭くようにしてください。

また、皮膚の常在菌を増やさないことも大切。

入浴やシャワーの際にはボディーソープや石鹸で優しく脇を洗いましょう。

強くゴシゴシこすると皮膚が傷ついてしまうので、手のひらでしっかり泡を立てて、脇の下を優しくなでるように洗ってくださいね。

対策用品で欠かせないのがやっぱり制汗剤

秋冬の脇汗対策で欠かせないのが制汗剤です。

おすすめなのは、効果が持続するロールオンタイプの制汗剤です。

デトランスαは、医療先進国デンマークで開発されたロールオンタイプの制汗剤です。

72時間も効果が持続することが証明されています。

長時間の通勤や通学、仕事や授業中でも臭いを気にしなくていいので助かりますね。

海外製品は安全性が疑問、という人もいますが、デトランスαは日本のクリニックでも処方されているほどで、安全な成分を配合しています。

ネットの公式サイトから購入できますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

デンマークの制汗剤デトランスαの効果は?どれくらい持続する?

制汗剤の持続力

男女問わずモテる条件は清潔感ですよね。

いくらイケメンだったり、可愛くても清潔感がないと「生理的にムリ!」という人が多いみたい。

汗臭かったり、洋服に汗ジミができてるなんて絶対にNG。

千年の恋もワキガで覚める!?汗ジミもできれば避けたい

脇汗の対策方法はいろいろあるけれど、お出かけ前に対策したいなら制汗剤を使うのがおすすめです。

制汗剤には、大きく分けると4つのタイプがあるのをご存知ですか?

フレグランスの種類が豊富なスプレータイプは、汗をかいた後にも使えます。

外出先でも使えるのはシートタイプ。

汗だけでなくベタつきも拭き取ってサッパリできます。

クリームタイプは肌への密着度が高いので効果が持続します。

脇汗を抑える効果というよりも、ワキガなどの臭いを抑えるのに効果的です。

最強に効くのはロールオンタイプが断然いい

一日中、汗を気にせず過ごしたいなら、脇汗を抑制する効果があって、しかも持続するロールオンタイプが断然おすすめ。

素肌に直接塗れるから長時間効果を感じられるのが魅力です。

気になる汗の臭いも抑えることができます。

制汗剤を使うときは、タイミングも必要です。

ベストなのは入浴後。

肌を清潔にした状態で使ってくださいね。

汗をかいた後に使うときは、汗拭きシートなどで軽く汗を拭きとってから使うのがベターですよ。

デトランスαが使ってみると一番良いかも

脇汗と汗の臭いを抑えて、すっきりサラサラ素肌を目指すなら、ロールオンタイプのデトランスαをおすすめします。

デトランスαは、医療先進国であるデンマーク生まれの制汗剤。

日本の製品とは違った配合ができます。

ヨーロッパはもちろん、世界各国で注目を集めている制汗剤です。

普通肌用のオリジナルと敏感肌用の二種類から選べるのもうれしいですね。

デトランスαは、汗を抑制する効果が65%。72時間以上効果が続くことが実証されています。

日本の厚生労働省にあたる、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)によれば、汗を抑える効果が30%あれば極めて効果アリと分類されます。

アメリカの基準、つまり国際的基準といってもよいかもしれませんね。

デトランスαの制汗効果は、世界基準から見ても非常に高いことが分かってもらえるんじゃないかと思います。

デンマーク生まれのデトランスαは公式サイトから購入するのがおすすめです。

日本ではクリニックでも処方されているデトランスαですが、ネットから購入するのが一番お得です。

最も安値で買うには定期コースがおすすめですが、1回だけでも購入できるので、脇汗に悩んでいる人は、まずお試ししてみてくださいね。