気にすればするほど脇汗地獄に落ちるという負のスパイラル

負のスパイラル
電車やバスなどの公共機関に乗るの嫌だなって思ってる人って結構います。

電車のつり革は絶対に使いたくない。

冬は暖房が効きすぎて暑いからなぁ。

人がたくさんいると緊張しちゃうから。

と色々な意見がありますが共通していえるのは、汗をかくということです。

とくにヤバいのが、局部的に出てしまう汗ですね。

例えば、脇だけ大量に汗をかいてしまうとか、手や足だけに汗が多くてビシャビシャになってしまうとか、お尻だけ汗がひどくてズボンが湿ってしまうことが多いなどです。

原因は自分ではなく遺伝的なものが多い

こうした悩みは何かを改善すれば完治するというものではなく遺伝的な要因が高いですが、病気です。

あまり、認知度が高くないので一般に脇汗がひどい人をみれば、「汚い」とか「気持ち悪い」など感じる人も少なくはありませんが、これば病気ですから本人の意思に関係なく、清潔にしていても、気を付けていても汗がでてしまうんです。

だけど、世間ではあまり理解されませんよね。

だから、心無い言葉や視線が突き刺さって本人は気づかないけどストレスを受けている状態になります。

そうすると、「今日は大事な日だから脇汗をかきたくない」「人に脇汗を見られるのが恥ずかしいな」と意識や緊張状態が続くと余計に汗が出てしまうという負のスパイラルに陥ります。

こうなるとジャンジャン汗が出まくります。

意識改善をしたところですぐに良くなることはありません。

制汗剤や汗の対策グッズを使って防止するしか選択肢は残されてません。

私の経験上、汗が出にくくなる制汗剤はあまりないです。

匂いや、一時的冷やされたり、スースーするシップみたいな感じで汗が引く程度で持続的な汗をカバーするような商品は出会うことはほどんどないです。

特に国内で売られているものについては規制が厳しいため効果が低めのものが多いのが特徴です。

脇汗に悩んでる人たちは引きこもってはいけない

引きこもるな
日本ではよくあるはなしですが、汗をビシャビシャに書くこと自体が「他人への迷惑行為」のような教育がされているように思う。

他人に迷惑をかけるな!とか、ご近所の目を気にすることだったり、そういった教育が根強く残っているように思います。

だから、汗臭い人は嫌われたり、仕事で汚れている人が嫌われたり、汗をいっぱいかいているひとは汚いというレッテルを多くのひとが共通認識として持っている。

でも、交通整備やインフラの整備などは汗をかいたり、汚れたりする人がいるからこそ今の生活が成り立っていることへの感謝などがなくなってきている。

あたり前に電気があって、蛇口をひねれば水が出て、シャワーも好きな時間で浴びられる。

これはそういった人たちの努力で成り立っていること忘れないでほしい。

話がそれてしまったが、ちょっとくらい脇汗が多くても、手や足の汗が多くても気にしないでどんどん社会で活躍しようということです。