男性におすすめ制汗剤のタイプは?デトランスαは男性にも効果アリ?

男性おすすめ制汗剤

汗臭との戦いは男性にとって永遠のテーマですよね。

ワキに汗ジミができていたり、汗臭いと第一印象が悪くなりますよね。

清潔感がある男性は女性にモテるし、仕事上でも絶対に有利。

特に、営業や接客業をしている人にとっては清潔感があるかないかって、すごく重要。

汗臭や脇汗と日々戦っている男性の救世主が制汗剤です。

男のしつこい臭いに効く制汗剤って

制汗剤には大きく分けて5つのタイプがあります。

スプレータイプの制汗剤は、汗をかいた後に使用します。

発汗を抑制するというよりも、消臭に特化した商品が多いのが特徴。

使い心地がひんやりしているので爽快感が得られます。

短時間で手軽に使えるけど、持続力は弱めです。

クリームタイプは肌にしっかり密着するので、持続力が高いです。

ただし、指でとってワキに塗りこまないといけないので、ワキ毛のある男性にとっては使いづらいタイプです。

持ち運ぶのが面倒ですし、外出先では使いづらいもの。

ただし発汗力や消臭力は非常に高いです。汗をかく前に使用します。

スティックタイプはスティックのりのようにワキに塗るタイプの制汗剤。

汗をかく前に使用します。

スプレータイプと比べると制汗力は高めです。

肌に直接つけるので持続力もあります。

ただし、ワキ毛があると塗りにくいですし、べたついて乾きにくい、白くなるなどといったデメリットもあります。

シートタイプはパウダーが配合されていることが多く、肌がサラサラになります。

汗を拭きとれるので爽快感がありますし、外出先でも手軽に使えます。

特にメンズ用は冷却効果のあるメントールが配合されているものが多く、夏に愛用しているという人が多いようですね。

やっぱりロールオンが効果が高いと思う

5番めのロールオンタイプは、しっかりワキに塗りこめるので制汗効果が高く、臭いを抑える効果も持続します。

ワキ毛が長いと塗るのが大変ですが、その場合はコットンなどに液を含ませて塗ることもできます。

デトランスαは、ロールオンタイプの制汗剤です。

持続時間は長く、なんと72時間もの間制汗作用が働くことが実証されているんです。

だから、最初のうちは毎日使う必要があるけど、効果が感じられるようになったら、2、3日に一回使うだけでOK。

ワキ汗を抑えるためにボトックス注射を考えていたけど、デトランスαに出会って注射をする必要がなくなったという男性もいるくらいです。

デトランスαはデンマーク生まれ。

ワキガが多いと言われるヨーロッパでナンバー1の制汗剤です。

公式サイトから購入できるので今すぐチェックしてくださいね!

脇汗が多い人におすすめの制汗剤デトランスαは刺激が強い?

刺激が強い

脇汗に関する悩みで一番多いのは、脇汗が多い、脇汗が止まらないというもの。

汗はエクリン腺とアポクリン腺という二種類の汗腺から出てきます。

このうち、脇の下に多いのはアポクリン腺です。

エクリン腺から出る汗は、成分のほとんどが水分なのでサラサラしていて、臭いもほぼありません。

でも、アポクリン腺から出る汗は脂質やタンパク質をたくさん含んでいるので、お肌の常在菌が繁殖しやすく、臭いやすいんですね。

エクリン腺から出る汗がサラサラしていて乾きやすいのに対し、アポクリン腺から出る汗はベタベタしていて乾きにくいから、脇汗をかくと不快に感じるんです。

必要以上の汗は生活に支障がでる

汗をかくのは自然なことですが、脇汗が多くてタラタラ垂れるほどだったり、洋服の汗ジミが気になって黒や白の服ばかりしか着られないとなると、生活に支障が出てしまいます。

脇汗が気になるので制汗剤を使っているという人は多いですよね。

でも、どんな制汗剤を使えばいいのか分からない…。

イマイチ効果が感じられない…。

そんな人におすすめしたいのがデトランスαです。

デトランスαはデンマーク製の制汗剤です。

パーピレックス(Perspirex)という名前で皮膚科でも処方されているので使ったことあるという人もいるかもしれませんね。

デンマークといえば世界中で最も医療が充実した国だとも言われていますよね。

そんなデンマークで開発されたデトランスαには、日本では13%しか配合することができないアルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)も、デンマークの基準で作られているので20%も含まれているんです。

アルミニウムクロリッドは、汗腺にはフタをする作用があるので、発汗そのものを抑えることができます。

だから、汗が多くて困っている人におすすめできるんですね。

海外の製品だけど健康被害とかは大丈夫?

でも、日本の薬事法で認められている以上の塩化アルミニウムが入っていて大丈夫?と心配になるかもしれませんね。

確かに、口コミをみると痒いとか、かぶれたという意見もあります。

日本人の肌には刺激が強すぎるという人もいます。

でも、口コミをよく見るとカミソリでワキ毛を処理した後に使ったとか、アトピーで肌が弱いなどの理由があるようですね。

アルコールが入っているから、ヒヤっとした感じがして苦手という人もいるみたいですが、使い続けたら慣れたという口コミもありますし、刺激が強かったら水を含ませたコットンで薄めて使うという方法もあります。

それに、敏感肌用も販売されているから安心ですね。

デトランスαとパースプレックスって実は同じだった!

本当に知らなかったんだけど、デトランスαってめちゃくちゃ効果が高いんですよね。

もっと早く出会っていればよかったと思ってるんですけど、実はデトトランスαって昔から知ってたんですよ。

じゃあ何で使わなかったのかっていうと、『商品名』が違ったんですよね。

その時の名前は・・・、何だっけな・・・。

パースピレックスなら知ってたんですよ

実はパースピレックスっていう商品なら知ってたんですよ。

パースピレックスとデトランスαって同じなんです。

パースピレックスは本当の商品名でデントランスαは日本国内での名称だったんです。

そもそもパースピレックスってどんな商品なのでしょうか。

ヨーロッパNO.1デオドラント!

汗ジミやワキガを徹底的に撃退するのがパースピレックス。

ダントツのリピーター数を誇るデオドラントシリーズでその効果の秘密は、汗腺に直接働きかける有効成分。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つの汗腺に働きかけるため、強力に汗をストップできるというわけなんです。

Yシャツやニットの汗ジミだってこれさえあればもう気にならない!っていうくらいの効果があるんです。

いつも人の目が気になる人は・・・

脇汗の量が多く。臭いや汗ジミが気になって、何をするのも消極的になってました。

注射や手術をする勇気もなくて・・・。

しかしデトランスαを使ったら、翌日からは汗の量が全然変わり、1週間継続して使っていると脇汗パットもいらないくらいです。

さらには、市販の制汗剤を使ってみても効果が感じられないし、臭いや汗の悩みで負のスパイラルに陥って憂鬱な生活を送っているような方はこのデトランスαを使ったら、憂鬱な生活どころかオシャレもできるようになったようです。

よく汗ジミの相談で多く聞くのが、汗ジミを気にするあまり、汗ジミが目立ちにくい服の色しか切れなくなってしまうことです。

汗ジミが目立たなければ確かに汗をかいても気にするストレスが1つ減るのは間違いありません。

でもこれは自分で選んだ選択肢ではなくて選択するかない状況だからですよね。

でもこのユーアップのパースピレックスを使えばおしゃれができるようになるんです。

しかし残念ながら、近くの薬局などでは購入することができません。

だから、現在ではインターネットでしか購入することができないんです。

困っているようでしたらインターネットでデトランスαを購入と検索してみてはいかがでしょうか。