海外にワキガが多いのはなぜ?ヨーロッパで人気のデトランスαってどんな制汗剤?

海外にワキガが多いの

ヨーロッパやアフリカにはワキガの人が多いと言いますよね。

日本人の間ではワキガの人の割合はわずか10%程度ですが、欧米諸国やアフリカではワキガ率は80~100%というから驚きですね!

でも、ワキガの人が多いということは、それだけ普通のことだというわけで、ワキガに悩む人は日本人よりも案外少ないのかもしれません。

なんで海外のワキガ人口は多いのか

ワキガは漢字で書くと腋臭ですが、もともとは脇の香りと書いて脇香、という漢字を使っていたようです。

動物が臭腺から臭いを出してなわばりを示したり、メスを惹きつけたりするように、人間にも1人1人違った香りがあり、そのニオイの源となっているのが脇の下やデリケートゾーンにあるアポクリン腺という汗腺です。

ですから彼氏や夫の脇の臭いが好きだという女性ってけっこう多いんですって。

欧米の人になぜワキガが多いのかというと、遺伝的に臭いの強い汗が出るアポクリン腺が多いんです。

また、食生活も影響しています。

肉や乳製品、香辛料などを多く食べていると体臭が強くなります。

日本人は野菜や海藻、キノコ類などを食べる量が多いですよね。

抗酸化作用が高いビタミンCやポリフェノール、βカロテンの多く含まれている食品を食べているので体臭が少ないんです。

また、海外では入浴時間が短いということもワキガが多い原因です。

シャワーだけですます国も多いですし、入浴回数や入浴時間が短い国も多いようです。

ただし、フィンランドやロシアなどでは、自宅にサウナがあったり、公共のサウナをよく利用していたりしますし、日本と同じように水が豊かな国なのでお湯を浴槽にたっぷりためて入浴する文化があります。

国によって生活習慣、食習慣、体質などが違うので、臭いもさまざまなんですね。

日本人は臭いを気にし過ぎる

日本人なら気にするワキガでも、ヨーロッパやアフリカの人々はワキガに対する考え方も大らか。

でも、やはりニオイに関する意識はどんどん高まっているので、デオドラント用品で対策しているという人は少なくありません。

そんなヨーロッパで№1のデオドラント用品といえばデトランスα。

北ヨーロッパのデンマークで開発されて、海外ではベストセラーになっている制汗剤です。

最強デオドラントと言われるほど、発汗力と消臭力が強く、これまで市販の制汗剤では物足りなく感じていた人も満足できます。

今なら期間限定でお試し定期モニターコースのキャンペーン中。

普通用と敏感肌用の2種類セット999円で試せちゃう!この機会にぜひお試しください。

コメントを残す