秋冬の汗は臭い!?制汗剤デトランスαで臭い対策を!

臭い対策

脇汗をかくのは夏だけだと思っていませんか?

汗をかきやすい夏は脇の臭い対策をしているけど、気温が下がる秋冬は脇汗の臭い対策を何もしていないという人は要注意!

じつは、秋冬こそ脇汗の臭いを気にするべきなんです!

汗を出す汗腺をシャットアウト!

汗を出す汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の二種類あります。

エクリン腺から出る汗は無色でほぼ無臭。

成分のほとんどが水分なのでサラサラして、乾いた後もベタベタしません。

エクリン腺は全身にあるのですが、アポクリン腺は脇の下やデリケートゾーンに集中しています。

アポクリン腺から出る汗はタンパク質やミネラルなどを多く含んでいます。

ですから皮膚の常在菌が繁殖しやすく、臭いやすくなります。

ベタベタしていて不快です。脇の下が臭うのがアポクリン腺から出る汗のせいなんです。

秋冬の汗って夏とは違うような気がする・・・

秋冬は重ね着をしたり、暖房をつけたりして、脇の下が蒸れやすくじっとり汗をかきます。

つまり、エクリン腺から出るサラサラ汗ではなく、アポクリン腺から出るベタベタ汗なんですね。

また、秋や冬は寒くなるので汗腺の機能は衰えます。

さらに、水分を飲む量も夏と比べると少なくなりますから大量の汗をかきにくくなるのです。

ですから、汗の成分にアンモニアなどの臭い成分が多く、汗が濃くなります。

夏よりも秋冬の方が汗が臭いやすくなるんですね。

ということで、秋冬こそ脇汗対策を徹底しましょう。

汗は常在菌に分解されるときに臭いが出るので、汗をかきたらすぐに拭き取るのがベスト。

汗拭きシートや濡れタオルなどで脇の下を拭くようにしてください。

また、皮膚の常在菌を増やさないことも大切。

入浴やシャワーの際にはボディーソープや石鹸で優しく脇を洗いましょう。

強くゴシゴシこすると皮膚が傷ついてしまうので、手のひらでしっかり泡を立てて、脇の下を優しくなでるように洗ってくださいね。

対策用品で欠かせないのがやっぱり制汗剤

秋冬の脇汗対策で欠かせないのが制汗剤です。

おすすめなのは、効果が持続するロールオンタイプの制汗剤です。

デトランスαは、医療先進国デンマークで開発されたロールオンタイプの制汗剤です。

72時間も効果が持続することが証明されています。

長時間の通勤や通学、仕事や授業中でも臭いを気にしなくていいので助かりますね。

海外製品は安全性が疑問、という人もいますが、デトランスαは日本のクリニックでも処方されているほどで、安全な成分を配合しています。

ネットの公式サイトから購入できますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

コメントを残す